小児科

小児の内科的疾患を対象とした臨床医学の一分野を指します。小児の体は成人と異なる点が複数あり、病状や診察方法などにも違いがある為、19世紀頃の欧米で分離独立しました。現代の日本でも一つの分野として独立しています。

新着ページ